【コラム】Googleからペナルティを受けないために

Googleの検索アルゴリズムのアップデートにより、ユーザーから求められるサイトが検索結果の上位に表示されるようになってきました。
検索のアルゴリズムは常に改良されていて、低品質のサイトからの大量のリンクや不自然なページビューを稼いでいるサイトは、見つかり次第ペナルティを受ける可能性があります。

2011年に導入されたパンダアップデートは、コンテンツの品質を評価し、ユーザーにとって有益な情報を提供しているサイトを上位に表示し、SEOを目的に大量生産された中身のないサイトが上位に表示されないようにするための検索アルゴリズムの更新です。

2012年に導入されたペンギンアップデートは、ウェブスパムの排除を目的にしたアルゴリズム更新です。
トラフィックエクスチェンジのオートサーフを使った不自然なページビュー、自然発生ではない低品質の大量のリンクは、ウェブスパムとして排除される可能性が高くなっているので、これらのサービスから早めに手を引くことをお勧めします。

ウェブマスターのガイドラインを遵守しているにもかかわらず、サイトが Google の検索結果に表示されない場合や、以前より掲載順位が下がった場合は、サイトの再審査をリクエストできます。
また、検索結果がウェブスパムが原因で下がってしまった場合は、その原因を排除してからサイトの再審査をリクエストしましょう。

googleにサイトの再審査をリクエストする

ホームページは公開したら終わりではありません。
稼げるまで育て、さらに稼げるようになってからも育てる必要があります。
見やすく購入しやすいよう配慮されているか、商品・サービスの魅力は伝わっているか、常にユーザーのニーズに合わせていくことが大切です。
コンテンツを充実させて、リピート率が高く、直帰率が低い、ユーザーに支持されるホームページに育てることが、これからはますます重要になってくるでしょう。

Previous post【コラム】権利侵害サイトの削除について Next post【コラム】Webフォントを使ってみました