【初心者向け】WordPressをインストールしたら、やっておくべき初期設定とテーマのカスタマイズ

今回は、WordPressをインストールした後にやっておくべき初期設定無料のテーマを使って、サイトイメージに合ったデザインにカスタマイズするための初心者向けの記事です。

ハードルが高いPHPの編集は行わず、テーマのレイアウトを生かすと簡単にカスタマイズできます。

WordPressのサーバー選びがまだの方は、以下の記事を参考にしてください。

ワードプレス失敗しないレンタルサーバーの選び方(安定性/コスパ)
ワードプレスのウェブサイトやブログを始めるにあたり、レンタルサーバーの選定が重要となります。長期間使うものだから、スペック、安定性、信頼性、コスパを考慮して、失敗しないレンタルサーバーを選びましょう。

この記事を読む≫

WordPressのインストールがまだの方は、以下の記事を参考にしてください。

初心者向け】エックスサーバー×WordPressでウェブサイトの作り方
「WordPress(ワードプレス)でウェブサイトを作りたいけれど、何から始めたらいいか分からない。」という方に、サーバー申し込みから、WordPressのインストール、WordPressの管理画面へのログインまで、分かりやすく解説します。

この記事を読む≫

それでは、やっていきましょう!

WordPressの初期設定

以下は、記事を投稿する前にやっておいたほうがよい初期設定です。
基本的に設定変更はいつでもできますが、多くの記事を投稿したあとに設定すると、修正が面倒になるものだけ先にやってしまいましょう。

一般設定

管理画面にログインしたら、左側のメニューより、「設定」⇒「一般」をクリックします。

WordPressを自動インストールしたときに設定したサイトのタイトル、メールアドレス、サイトのURLなどがすでに記入されています。必要の場合は修正します。

テーマによって、キャッチフレーズがタイトルの下に表示されるものがあります。表示したくない場合は空白にします。

メンバーシップ以降の項目は、変更の必要はありません。

投稿設定

投稿用カテゴリーの初期設定などを設定しますが、現時点では設定の必要はありません。

表示設定

表示に関する設定をします。
後ほど、メニューに載せる固定ページを準備するで設定します。

ディスカッション

左側のメニューより、「設定」⇒「ディスカッション」をクリックします。

「投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる」「新しい投稿に対しほかのブログからの通知(ピンバック・トラックバック)を受け付ける」のチェックを外します。

コメントを許可する場合は、「新しい投稿へのコメントを許可」をチェックします。許可する場合は、スパム防止のため「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックが入っているか忘れずに確認します

なお、エックスサーバーで自動インストールした場合は、あらかじめプラグインに「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」がインストールされているので、有効化します。Akismetが、より強力にスパムを防いでくれることでしょう。

それ以外の項目については、お好みでチェックを入れて、「変更を保存」ボタンで設定を保存します。

メディア設定

サムネイルのサイズなど、画像サイズが設定できます。
現時点では、後回しで大丈夫です。

パーマリンク設定

左側のメニューより、「設定」⇒「パーマリンク」をクリックします。

デフォルトでは「基本」が選択されているので、「投稿名」を選択し、「変更を保存」で設定内容を保存します。

パーマリンクを「投稿名」にする理由は、Googleが推奨する分かりやすいURLにするためです。

投稿時に、記事の内容に合ったパーマリンクを設定することが可能になります。

プライバシー設定

デフォルトでは、インストール時に自動で作成されたプライバシーポリシーを使う設定になっています。これは固定ページ一覧から編集できます。

新たにプライバシーポリシーを作成する場合は、「新規ページを作成」ボタンをクリックします。

プライバシーポリシーページに関しては、ある程度サイトを構築してからでも、問題ありません。

テーマのカスタマイズ

それでは、テーマを選んで、カスタマイズしていきましょう。

カスタマイズしやすいテーマをインストール

管理画面の左側メニューより「外観」⇒テーマ選択し、「新規追加」ボタンをクリックします。

今回は、カスタマイズしやすいテーマ「Lightning」をインストールします。
右上部の検索窓にテーマ名を入力すると、検索結果が表示されるので、「インストール」および「有効化」します。

上部メニューのサイト名にカーソルを持っていくと、「サイトを表示」が現れるので、クリックします。

カスタマイズ前の画面が表示されました。

メニューに載せる固定ページを準備する

管理画面の左側メニューのから、固定ページ」⇒「固定ページ一覧」を表示します。
インストール時に作成されたページがあるので、タイトルとコンテンツを編集します。
※タイトルにカーソルを持ってくと、「編集」ボタンが表示されます。
新たに固定ページを追加したい場合は、「新規追加」により、固定ページを追加します。

⇓編集後の固定ページ一覧です。

ブログページに投稿を表示しましょう。
「設定」⇒「表示設定」より、表示設定画面を開きます。

「ホームページの表示」に「固定ページ」を選択し、「ホームページ」を固定ページの「ホーム」、投稿ページを「ブログ」とし、変更を保存します。

ホーム画面をカスタマイズ

管理画面の左側メニューもしくはサイトを表示したときに現れる上部メニューの「カスタマイズ」をクリックし、テーマのカスタマイズ画面を開きます。

テーマのカスタマイズ画面を開くと以下のような感じになります。
左側の設定項目もしくは右側に表示されている画面の鉛筆マークをクリックして、該当箇所を編集します。


(クリックすると拡大します)

完成

カフェサイトを想定して、カスタマイズしてみました。
ざっとしたカスタマイズなら、10分ほどで完成です。

記事を投稿すると、自動でブログに追加表示されます。

まとめ

以上が、最低限必要な初期設定とテーマをそのまま生かしたカスタマイズ方法です。

CSSの知識が必要となりますが、「追加CSS」機能を使って、さらにカスタマイズすることも可能です。

SEO対策、スパム対策のプラグインは、早めにインストール・有効化しておきましょう。

Previous post【初心者向け】エックスサーバー×WordPressでウェブサイトの作り方 Next post最初から入れておくべき!WordPressの便利なプラグイン4つ