ワードプレス失敗しないレンタルサーバーの選び方(安定性/コスパ)

ウェブサイトを立ち上げる際に、なくてはならないのがレンタルサーバーですね。

国内のレンタルサーバー業者として、エックスサーバー、ロリポップ、さくらインターネットが有名です。

弊社のお客様が使っているサーバーは上記のどれかなので、どのレンタルサーバーも利用経験があり、管理画面の使いやすさや使用感も経験済みです。

ワードプレス歴10年余りの筆者が、失敗したり、使って良かった経験をもとに、失敗しないレンタルサーバーの選び方をお伝えします。

安定したレンタルサーバーを選びましょう

2009年からウェブサイト制作会社を運営してきた経験上、最も重視すべきはサーバーの安定性です。

起業当初はコスト面重視で、某格安サーバーをレンタルしていたのですが、頻繁にサーバー障害を起こしていました。

サーバー障害が起きると、ウェブサイトの表示に時間がかかったり、全く表示されなかったり、メールの送受信ができなかったり、ウェブサイト運営や会社経営に支障をきたし、利益損失につながる大問題です。

サーバー障害を起こすサーバーをレンタルする=爆弾を抱えて生きる

そこで「安定したレンタルサーバーを選びましょう」が結論となります。

安定性に定評があるのは、エックスサーバーです。10年ほど前になりますが、エックスサーバーに引っ越したことにより、サーバー障害はいっさい起こらなくなりました。

問い合わせの返信も早く、しっかりと対応してくれるので、その点でもかなりおススメです。
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

※WordPress自動インストール可能。データベースバックアップ14日分(ただし復元料は有料5000円)。



コスト重視で選ぶなら

小規模なウェブサイトやアフィリエイトサイトを始めるなら、出費はできるだけ抑えたいものです。
でも、性能や安定性に妥協はしたくないなら、MixHostです。

初期費用は無料。データベースのバックアップも無料なので、いざと言うときに安心です。

エックスサーバーと比較して多少安価ですが、機能的には全く劣っていません。
アクセスが増えた際も、プラン変更が即時可能で、1日単位の日割りで計算されます。

高度な攻撃からウェブサイトを保護するため、AI技術を使用し、攻撃を自動検知・保護するシステムを導入している点も魅力です。

月額880円からの高性能クラウドレンタルサーバー

※WordPress自動インストール可能。データベースバックアップ14日分。(復元料は無料)

mixhost

可能なら別サーバーでバックアップを保存しましょう

エックスサーバーもMixhostも自動バックアップ機能がついているのですが、保存期間が14日間と短めです。※他社も同様。

しかし、ウェブサイトを改ざんされた場合など、さらに古いデータが必要になることがあります。

その時のために、プラグイン「BackWPup」で、別のバックアップ用サーバーに、自動でワードプレスのデータベースやファイルを保存してしまいましょう。

データベースやファイルをバックアップすることの利点は、うっかり削除しまったり、書き換えてしまったファイルを気軽に復元できる点です。

バックアップが手元にあれば、冷や汗をかくこともなくなります。

BackWPupの設定で、データベースやファイルのバックアップだけでなく、データベースの最適化が自動で行えるので、データベースのオーバーヘッドが原因の「画面が真っ白!」を予防することもできます。

BackWPup WordPress.ORG 日本語サイト

BackWPupでのバックアップデータの保存方法として以下の方法があり、いくつか試しましたが、安定しているのは「FTPサーバーに保存」です。

  • バックアップをディレクトリに保存
  • バックアップを FTP サーバーに保存 (ftp が必要)
  • バックアップを Dropbox に保存 (curl が必要)
  • バックアップを SugarSync に保存 (curl が必要)
  • ログとバックアップをメールで送信

なお、ワードプレスのバックアップは、安価なレンタルサーバーで十分です。

ファンタネットでは、バリューサーバーを使っています。

月額167円(税別)から利用できるので、初めてのレンタルサーバーを利用される方にも、敷居が低い料金設定です。

月額167円からの高機能レンタルサーバー

WordPress自動インストールなど、基本的なサーバー機能も付いているので、とりあえずWordPressのサイトを作ってみたい人にもおススメです。



なぜ、サーバーが二つ必要なの?

ここで、バックアップするだけなら、レンタルサーバーを分けなくてもいいのでは?という疑問が湧いてきますよね?

「ファーストサーバー事件」をご存じでしょうか。
2012年の6月20日、レンタルサーバー業者のファーストサーバが大規模な顧客データを消失させてしまった事件です。

事件の概要は、以下の通り。

メンテナンスの担当者が以前に使っていた更新プログラムを改変した際に、「対象外のサーバー群についてファイルの削除を行なうコマンド」を削除し忘れたことだ。これにより、更新対象外のすべてのサーバーのデータがプライマリ/バックアップ共に削除された。
引用:データ消失!あのとき、ファーストサーバになにが起こったか?

つまり安心のため、ホスティングとバックアップのサーバーを分けているのです。

以上、「ワードプレス失敗しないレンタルサーバーの選び方(安定性/コスパ)」でした。
安定したレンタルサーバーで、安心で快適な日々をお過ごしください。

Previous postWebフォントを使ってみました Next post【初心者向け】エックスサーバー×WordPressでウェブサイトの作り方