【初心者向け】エックスサーバー×WordPressでウェブサイトの作り方

「WordPress(ワードプレス)でウェブサイトを作りたいけれど、何から始めたらいいか分からない。」という方に、サーバー申し込みから、WordPressの管理画面へのログインまで、分かりやすく解説します。

この記事では、安定性抜群のエックスサーバーを使います

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

レンタルサーバーの選び方でお悩みの方は、以下の記事が参考になるかと思います。

ワードプレス失敗しないレンタルサーバーの選び方(安定性/コスパ)
ワードプレスのウェブサイトやブログを始めるにあたり、レンタルサーバーの選定が重要となります。長期間使うものだから、スペック、安定性、信頼性、コスパを考慮して、失敗しないレンタルサーバーを選びましょう。

この記事を読む≫

なお、エックスサーバーでは、より簡単にWordPressサイトが公開できる「WordPressクイックスタート」が2020年4月7日より開始されました。

サーバーアカウントのお申込み画面で、ブログの情報を入力するだけで、以下のすべてが自動的に行えるようになりました!

  • サーバーのお申込み
  • 独自ドメインの取得
  • WordPressのインストール
  • WordPressのSSLサイト化(https://~で始まる)

それでは、順を追って見ていきましょう!

お申し込みに必要なもの

以下の3点が必要なので、手元に準備しておきます。

  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • スマートフォン(SMSで認証コードを受信する場合)

WordPressクイックスタート

①エックスサーバープランのお申し込み

エックスサーバーにアクセスし、「お申し込み」をクリック。

少しスクロールしたところに、「お申し込みフォーム」ボタンがあるので、クリックします。

XSERVERお申し込みフォームの「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックします。

「X10プラン」を選択し、「WordPressクイックスタート」を「利用する」にチェックを入れ、「Xserverアカウントの登録へ進む」ボタンをクリックします。

※サーバーの契約期間は3か月から選択可能ですが、長期間の契約ほどひと月あたりの利用料がお安くなります。

②ドメインの取得

ドメイン名は変更できないので、本格的に利用することになっても問題ないものにします。
0円キャンペーン実施の場合は、ドメインの末尾をその中から選択するとお得です。
※通常、ドメインは年間1000円程度の更新料がかかります(ドメインによって異なる)。

当サイトは.jpですが、更新料が割高なので、.comでも良かったかなと思っています。

③WordPress情報の入力

ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。
ユーザー名以外、後から変更可能なので、ブログ名は仮で問題ありません。

④登録情報の入力

フォームに必須事項を入力します。

⑤支払い情報の入力

クレジットカード情報を入力します。

⑥登録情報の確認

「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意したあと、登録情報の確認となります。

入力した内容に相違がないか確認して、SMS・電話認証へ進みます。

⑦認証コード受信

「テキストメッセージで取得(SMS)」もしくは「自動音声通話で取得」を選択し、「認証コードを取得する」ボタンをクリックします。
固定電話の場合は、「自動音声通話で取得」を選択します。

認証コード入力

SMSまたは電話に届いた認証コードをお申し込みフォームに入力後、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールが数分で届いて、設定完了となります。

なお、WordPressが利用可能になるには1時間ほどかかるので、しばらく置いてからアクセスしましょう。

WordPressにログイン!

WordPressをインストールしたURLの末尾にwp-login.php を追加したものが管理画面のURLです。設定完了のお知らせメールにも、サイトや管理画面のURLなどの設定情報が記載されているので、大切に保存しておきます。
アクセスするとログイン画面が表示されるので、設定しユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
※毎回の入力を省略したい場合は、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れましょう。

管理画面にログインできました。

まとめ

エックスサーバーのお申込み、独自ドメインの取得、WordPressのインストール、WordPressのSSL化が同時に簡単にできる方法を解説しました。

混乱しないよう枝葉の説明は省きましたが、画面の指示に従って入力すれば、簡単にWordPressのウェブサイトを公開することができることでしょう。

途中で問題が発生した場合は、エックスサーバーに問い合わせれば、経験上1営業日以内に詳細な回答がもらえるので安心です。

次回は、WordPressの初期設定とテーマのカスタマイズについて解説します。

Previous postワードプレス失敗しないレンタルサーバーの選び方(安定性/コスパ) Next post【初心者向け】WordPressをインストールしたら、やっておくべき初期設定とテーマのカスタマイズ